HOME岐阜トヨペットのご案内 > 社長メッセージ

社長メッセージ

2017年「年頭のご挨拶」

あけましておめでとうございます
本年も岐阜トヨペットをなにとぞよろしくお願いいたします。
「明るく」「元気で」「より一層、岐阜県のお客様に愛され、お役立ちできる」
自動車ディーラーとして、邁進いたします。


2017年を迎え「新たな時代に入りつつある」そんな「空気感・感触があります。」
昨年は大変革の予兆を色々な場面で視ております。「何が起こるかわからない時代」。現実に英国のEU離脱投票の成立・アメリカ次期大統領トランプ氏決定。それによる国際通貨ドルの上昇・株価上昇。非核化から核拡大・増強への方向。ロシア・中国の「力による勢力拡大」。テロ行為の拡散他、あらゆるもの・ことが、不確実な、何が起こっても不思議でない時代に突入しつつあります。それだけに我々岐阜トヨペット(株)&社員一人一人も「軸足をしっかり地に着け、何があってもぶれない。しかしフレキシブルである。」そんな体質・姿勢を保つことが大切と思っております。


昨年を振り返って

2016年記念すべき60周年事業が憂いなく、達成できたこと大変、嬉しく思いました。
お客様・関係会社の方々・社員の皆さんに心より感謝申し上げます。
金園店に代わる岐阜東バイパス店立上げ。中津川店のリフォーム完成。引き続き、その他老朽化した店舗は順次リフォームするべく検討中であります。

今年への思い

日本経済の脆弱性は明確です。為替・株価。アメリカの政治・経済動向に大きく左右される現実。中国・韓国への好感度は低いものの貿易・観光他互いに東アジア経済の大国であるポジションは変わらず、少なからず影響しあって経済活動を行っております。自動車市場も経済活動とリンクしているわけですので好不況は世界経済の動向で敏感に変動いたします。従って2017年の経済状況は全く予測できない混沌としたものと考えます。しかし、楽観的見方かもしれませんが、国内景気は東京オリンピック関連・リニア工事の影響等で何とか、昨年ぐらいの市場があるのではないかと思っています。

本年もお客様・地域社会の為。できることは数多くあると考えます。引き続き岐阜トヨペットをご愛顧いただきますよう宜しくお願いいたします。


平成29年1月
岐阜トヨペット(株)
代表取締役社長 甲谷 弘

岐阜トヨペットのご案内